プロジェクト創出研究会(平成20年度終了)

大学等が保有する研究シーズを、産学官による共同研究開発により、新技術、新商品、新事業につなげることを目的として、プロジェクト創出研究会(研究シーズ保有者(大学、研究機関等の研究者)を核とした、複数の岐阜県内企業(以下「県内企業」という。)を含む産学官からなる研究会)の設立・育成・活動等に関するコーディネートを行うとともに、活動経費の一部を支援します。本事業は、財団法人岐阜県研究開発財団と独立行政法人科学技術振興機構JSTイノベーションプラザ東海との共催によって実施するものです。

プロジェクト創出研究会支援事業においては、平成14年度の制度開始から19年度までに、高圧水蒸気処理によって木材を圧縮成型加工した「自然にやさしい木質ボード」(愛知万博などで使用)や中国原産野菜である「空心菜」の錠剤など商品化3件、「ウイルス包埋体の製造方法」や「堆肥の腐熟度判定方法」など特許出願8件の成果が得られております。

平成20年度は下記の6課題が採択され、研究会を実施しました。


平成20年度プロジェクト創出研究会採択テーマ一覧表(6テーマ:内メカトロ・ブロセッシング分野はJSTが担当)

分野 研究会名 研究会座長 新規/継続
ナノテク 発電・蓄電システム用ナノ結晶材料の技術研究会 伊藤貴司(岐阜大学工学部・准教授) 継続
バイオ アレルギー克服に有用な天然物の実用化研究会 稲垣直樹(岐阜薬科大学・教授) 継続
環境・福祉・リサイクル フェライト化合物の陶磁器への応用 安達信泰(名古屋工業大学セラミックス基盤工学研究センター・准教授) 新規
環境・福祉・リサイクル 品質改良イワダレソウによる法面緑化の吹付工法技術研究会 和田 清(岐阜工業高等専門学校・教授) 新規
環境・福祉・リサイクル 汚染土壌の不溶化及び地下水への浸透防止技術に関する研究会 寺尾 宏(岐阜県環境管理技術センター・技術主幹) 新規
メカトロ・ブロセシング 樹脂成形用金型研究会 山下 実(岐阜大学工学部・准教授) 新規