地域新生コンソーシアム研究開発事業(平成19年度終了)

地域新生コンソーシアム研究開発事業は、地域において新産業・新事業を創出し、地域経済の活性化を図るため、大学等の技術シーズや知見を活用した産学官の強固な共同研究体制(地域新生コンソーシアム)の下で、実用化に向けた高度な研究開発を行うことを目的とした、経済産業省の委託事業です。

当財団は管理法人として下記テーマの研究開発を推進しました。

テーマ名 眼底立体画像を用いた眼科健康診断支援システムの開発(他府省連携枠)
実施年度 平成18~19年度(平成18年度採択)
研究開発の概要 高齢化により急増している緑内障などの眼疾患には、早期発見、早期治療が必須である。従来の平面眼底画像では診断困難であったため、眼底立体画像を用いることにより、操作性、設置性、経済性に優れた高速、高精度な眼科健康診断支援システムを研究開発する。
プロジェクトマネージャー
(総括事業代表者)
岐阜大学 大学院医学系研究科
再生医科学専攻 知能イメージ情報分野
教授 藤田 廣志
共同研究体制 (産)タック株式会社、興和株式会社
(学)岐阜大学
(管理法人)財団法人岐阜県研究開発財団
テーマ名 高効率ノックダウン機能を有するsiRNA製造法の開発と活用(一般枠)
実施年度 平成17~18年度(平成17年度採択)
研究開発の概要 特許出願した高効率ノックダウン機能を示す化学合成siRNAの高収率製造法の開発とその活用として糖尿病関連疾病の迅速診断薬の試作を行う。また、岐阜県が豊富に有する天然物資源の高次利用として糖尿病関連の疾病予防に有効な特定保健用食品を試作する。
プロジェクトマネージャー
(総括事業代表者)
岐阜大学 工学部生命工学科
教授 北出 幸夫
共同研究体制 (産)アピ株式会社、タカラバイオ株式会社
(学)岐阜大学、岐阜薬科大学
(管理法人)財団法人岐阜県研究開発財団
テーマ名 組織制御による高機能マグネシウム素形材の安価・製品化技術開発(中小企業枠)
実施年度 平成16~17年度(平成16年度採択)
研究開発の概要 全工程固相プロセスによる省エネ・環境低負荷型マグネシウム素形材の安価製造技術を開発し、塑性加工技術を駆使して軽量化ニーズが大きい3次元複雑形状部品への本Mg開発合金の適用を目指した素材原料から最終製品までの一貫製造技術の実用化開発を行う。
プロジェクトマネージャー
(総括事業代表者)
東京窯業株式会社(株式会社TYK) 先端材料研究所
所長 羽山 清寿
共同研究体制 (産)株式会社TYK、本多金属工業株式会社、株式会社キョウワ、株式会社オンダ製作所、株式会社東明技研
(学)東京大学、岐阜大学
(官)岐阜県製品技術研究所(現 岐阜県機械材料研究所)
(管理法人)財団法人岐阜県研究開発財団
テーマ名 伝子増幅とマイクロアレイを使った網羅的感染症診断法の開発(一般枠)
実施年度 平成13~14年度(平成13年度即効型採択)
研究開発の概要 人に感染をおこす病原体を網羅的に検出する二段階遺伝子増幅法とその産物を識別する低価格マイクロアレイ法を組み合わせ実用化レベルの感染症の遺伝子診断法を試作し、大学と企業でベンチャーの設立を目指す。
プロジェクトマネージャー
(総括事業代表者)
岐阜大学 医学部
教授 江崎 孝行
共同研究体制 (産)株式会社ラカン(現 エーエムアール株式会社)、岐阜プラスチック工業株式会社
(学)岐阜大学
(官)岐阜県保健環境研究所
(管理法人)財団法人岐阜県研究開発財団
テーマ名 陶磁器加飾ロボットの開発(一般枠)
実施年度 平成13~14年度(平成13年度即効型採択)
研究開発の概要 陶磁器業界を活性化するため、インクの製造技術、モデリング・マッピング技術、ロボット制御技術を活用し、スプレー式インクジェットで飲食器・タイルの2次曲面や平面に直接加飾できる、画期的な陶磁器加飾ロボットを開発する。
プロジェクトマネージャー
(総括事業代表者)
株式会社カネコ小兵製陶所
代表取締役社長 伊藤 克紀
共同研究体制 (産)安藤電機株式会社、株式会社カネキ製陶所、株式会社カネコ小兵製陶所、新栄機工株式会社、高砂工業株式会社、株式会社東産工業所、株式会社文晶堂
(学)名古屋造形芸術大学
(官)岐阜県セラミックス技術研究所(現 岐阜県セラミックス研究所)、岐阜県生産情報技術研究所(現 岐阜県情報技術研究所)
(管理法人)財団法人岐阜県研究開発財団
テーマ名 サンプル・超小ロット対応知的縫製システムの開発研究(中小企業枠)
実施年度 平成13~14年度(平成13年度即効型採択)
研究開発の概要 サンプル生産やファッション性の高い高品質高付加価値市場への対応を図るため、アパレル生産情報のデジタル化による知的縫製システムと衣服の超小ロット生産システム及びその周辺技術からなるデジタルアパレル工房の開発を行う。
プロジェクトマネージャー
(総括事業代表者)
名城大学 理工学部 機械システム工学科
教授 大道 武生
共同研究体制 (産)株式会社シンガポールセンター、株式会社ムトー衣料、ブラザー工業株式会社
(学)名城大学
(官)岐阜県製品技術研究所(現 岐阜県産業技術センター)、岐阜県生産情報技術研究所(現 岐阜県情報技術研究所)
(管理法人)財団法人岐阜県研究開発財団